読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二が京都の虜になったのは法金剛院を訪れてからです

中坊進二が京都の中で最も好きな場所は法金剛院です。平安時代の後期に建てられた代表的な仏像があり、厳かな仏像の前に立つと心がなごみます。丈六の本尊阿弥陀如来である仏像は、法金剛院の中でも一際目立っており、平安時代を象徴するかのように威厳な風格を醸し出しています。京都に来たら必ず訪れる法金剛院は、平安末期の池泉回遊式浄土庭園として有名です。また、蓮の名所として名高く、美しい和の庭園を心から堪能することができます。日本情緒が感じられるこの場所は、昔から受け継がれる歴史を深く感じることができ、特別名勝の回廊式庭園も古き歴史を物語っています。7月上旬から8月初旬にかけて多数の蓮の花が満開になります。次々と咲き誇る蓮の花は、90種類もあり、極楽浄土を思わせる美しい眺めを満喫できます。蓮の寺、花の寺としても知名度が高いこの場所は、日本の風情を心から堪能できる素晴らしい名所です。中坊進二が京都が好きになったのは、この寺を訪れてからです。