読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二の京都で行った醍醐寺三宝院

中坊進二は、今までは友達や彼氏、家族などと一緒に京都に行っていたのですが、今回は、初めて1人で紅葉の美しさを満喫するために、定番スポットから少し離れた京都の名所巡りをすることにしました。その中で世界遺産にもなっている醍醐寺三宝院が中坊進二はとても気になり、京都駅からバスに乗って行くことにしました。今まで、醍醐寺三宝院のある場所まで足を伸ばしたことがなかったので凄く楽しみでした。ばすで揺られること途中、混雑もあり40分ほどかかって到着しました。そして、驚いたのが広いと聞いていたのですが、思った以上に広かったです。そして、有名な襖絵とても庭園には心を奪われました。歴史を感じることができるお堂の数、そして、美しく整えられている庭園を見て回りました。思った以上に参拝に時間がかかりました。さすが醍醐寺三宝院は、豊臣秀吉が花見の場所として設けただけあって桃山時代の栄華を感じることができました。中坊進二は、桜の季節じゃなく紅葉の季節に行ったのですがイチョウや紅葉の色鮮やかさは圧巻でした。